×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借金の取立が自宅まできてしまった場合の対処法

自己破産したらどうなるの?そんな不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。取り立てに怯える前に、弁護士に相談するのが得策です。
もし借金の取立が自宅まできてしまった場合の対処法としては、絶対に玄関を開けないことです。
そして、法律で自宅での取立には厳しい規則が出来ています。ですから、怖い思いをさせられることはないのです。怖い思いをされられるなら、それは違法行為です。ですから、もし、そのような思いをするのなら、警察にでも突き出せますので安心してください。
法律で禁止されていることは、暴力的な行動をとること、大声をあげたり、乱暴ことを言うこと、そして、大人数で家に押しかけることが、基本の禁止事項です。
このことさえ頭に入れていれば、取立など怖がる必要ありません。
消費者金融は、今は厳しくなっています。違法な取立で事件になってはこまりますので、取立はないと思われます。それでも、違法なことをするなら、きっと取立にきた人の、個人的な問題ですので、お金を借りている金融会社に通告してみるのもいいかと思います。
そして、取立にも時間制限があります。夜中に来ては近所迷惑にもなりますので、夜9時以降の取立は違反です。心配な人は、夜9時までは自宅に帰らないことです。そうすれば、家に取立が来れませんから安心です。
今は借りる側に有利な規則がたくさんありますので、安心して消費者金融からお金を借りられます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る